歯と歯の間に隙間がある・・・

歯と歯の間に隙間がある症状「すきっ歯」は「空隙歯列」と言います。

空隙歯列には、前歯2本だけ開いている場合や、歯全体が開いている場合など、さまざまな状態がありますが、前歯の間に隙間がある症状を『正中離開(せいちゅうりかい)』といいます。

空隙歯列は永久歯が生え揃う前でしたら一時的な現象であることもあります。

すきっ歯・正中離開の治療例/成人

治療前
治療後
22歳で上の前歯の隙間を気にされて来院しました。舌の歯列が上の歯列に対してやや前にあり、まん中がずれていました。マルチブラケット装置で治療を行いました。当然ながら歯は抜いていません。