下の歯に比べ、上の歯が前に出ている・・・

「出っ歯」は正式な名称を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と言います。

咬み合わせが悪いため咀嚼しづらく、顎の関節に負担を強いる噛み癖がついてしまい、歯が折れやすくもなります。

また、笑った時に歯ぐきが目立ったり唇が閉じにくい等の外見上の問題のほかに、口腔内が乾燥しやすく、歯周病の原因にもなります。

出っ歯・叢生・過蓋咬合の治療例/第1期矯正歯科治療/非抜歯

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

9歳のお子様で、前歯に凸凹があり、下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎のところに咬んでいました。
お家にいるときだけ機能装置を使用してもらい、上下歯列の拡大と下顎の成長促進を行ったところです。第1期矯正歯科治療で大きな問題はほぼ解決しました。 この時点で歯は抜いていません。
個々の歯を理想的な位置へと誘導するには、永久歯が生え揃う中学生頃から第2期矯正歯科治療を行います。

出っ歯・過蓋咬合の治療例/中高生/抜歯

治療前
治療後

17歳で歯が出ているのを改善したいと来院されました。
下の歯列に対して上の歯列が前方にあり、下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎に咬んでいました。
上下の前後差が大きかったので、上の小臼歯を2本抜歯し、歯科矯正用アンカースクリューを併用し、マルチブラケット装置で治療を行いました。

出っ歯の治療例/成人/アンカースクリュー

治療前
治療後

32歳で、前歯が出ていてお口が閉じにくいのを気にされて来院されました。
下の前歯が2本先天欠如していて、下の前歯が上の前歯の後ろの歯肉に深くかんでいました。
治療を急いで欲しい要望があったため、歯科矯正用アンカースクリューを併用しました。
上の小臼歯を2本抜歯してマルチブラケット装置で治療しました。治療期間は1年9カ月でした。