奥歯を閉じると、下の前歯が見えなくなるくらい閉じすぎになる

奥歯を閉じると、前歯が深く咬み込み下の前歯がほとんど見えなくなるくらい閉じすぎになる症状です。蓋(ふた)が過ぎる と書いて(かがい咬合)と言います。

下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎に咬んでいることもあります。このような場合、年齢が進むにつれて下の前歯が歯茎に当たって歯茎が傷つき、その場所の骨が吸収してしまうこともあります。また、下顎が奥に押し込まれることから、顎関節に悪影響を及ぼすこともあります。

なるべく成長の残っている時期に改善することが望ましい不正咬合です。若くて抵抗力のあるうちは自覚症状がほとんどありませんが、時間の経過とともに、ますます噛み合わせが深くなっていく傾向があり早期発見・早期治療が望まれます。

出っ歯・叢生・過蓋咬合の治療例/第1期矯正歯科治療/非抜歯

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

9歳のお子様で、前歯に凸凹があり、下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎のところに咬んでいました。
お家にいるときだけ機能装置を使用してもらい、上下歯列の拡大と下顎の成長促進を行ったところです。第1期矯正歯科治療で大きな問題はほぼ解決しました。 この時点で歯は抜いていません。
個々の歯を理想的な位置へと誘導するには、永久歯が生え揃う中学生頃から第2期矯正歯科治療を行います。

出っ歯・過蓋咬合の治療例/中高生/抜歯

治療前
治療後

17歳で歯が出ているのを改善したいと来院されました。
下の歯列に対して上の歯列が前方にあり、下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎に咬んでいました。
上下の前後差が大きかったので、上の小臼歯を2本抜歯し、歯科矯正用アンカースクリューを併用し、マルチブラケット装置で治療を行いました。

噛み合わせが深い(過蓋咬合)/成人/非抜歯

治療前
治療後

35歳で歯が出ているのを気にされて来院されました。 上下の前後的なバランスは問題ないのですが、垂直的には咬み込み過ぎていて、下の前歯が上の前歯の後ろの歯茎に咬んでいました。下顎が後ろに押し込まれているため、顎関節にも症状がありました。骨格的には 咬む力の強いタイプであり、このような場合はできるだけ歯を抜かないで治療する方が良いとされています。 この方の場合も歯を抜かず、マルチブラケット装置で治療を行いました。