下の歯が上の歯よりも前に出てしまっている

下の歯列が上の歯列に対して前の方にある咬み合せを、「下顎前突(かがくぜんとつ)」と言います。このために前歯の咬み合わせが上下逆になっている状態を、「反対咬合(はんたいこうごう)」、一般的には「受け口」と呼ばれている症状です。

受け口は、下顎の骨が発達し過ぎて前に突き出してきている、または上顎が小さすぎる場合に起こります。

物が噛みにくく歯茎も下がりやすいので歯周病になりやすく、聞き取りくい喋り方になったり、顎がしゃくれてしまったりします。

年齢に制限はありませんが、できるだけ早期の治療が望ましい症状です。

受け口の治療例/第1期矯正歯科治療/非抜歯

治療前
治療後

6歳のお子様で、話しが聞き取りにくいのを気にされて来院しました。舌の裏のひも(舌小帯)の付着が強く、舌が上にほとんど上がらない状態でした。舌小帯を手術して舌が上に持ちあがるようにし、舌のトレーニングを行いながら治療を進めました。お家にいるときだけ顎外装置を使用してもらい上顎を前方へ成長促進させたところです。
第1期矯正歯科治療で当面の問題は解決しました。この時点で歯は抜いていません。
身長が止まるころまで下顎骨は成長することから、経過を見ながら必要であれば治療介入をします。
個々の歯を理想的な位置へと誘導するには、永久歯が生え揃う中学生頃から第2期矯正歯科治療を行います。